土地活用の種類について

土地を有効に活用するためには、様々な種類があるということを知っておく必要があります。その種類によって収益性やリスクも異なり、その土地の立地条件や周りの環境などによっても最適な活用方法は異なります。 活用方法は大きく分けて七種類あります。一つ目は不動産会社と契約を結び、購入希望者や不動産会社に売却する「土地売却」です。二つ目は「等価交換」です。これは土地に建物を建ててから売却する方法で、土地を手放す代わりに建物を得ることができます。三つ目は「駐車場経営」で、青空駐車場や立体駐車場など条件に合わせて選択することが可能です。四つ目は五十年以上の期間、土地を貸し出し、期間満了になると土地が戻ってくる「定期借地」という方法です。この方法のメリットは所有権を維持できることとまとまった金額を手にすることができる点です。五つ目は「アパート・マンション経営」です。現在多くの人に選ばれている活用法ですが、空室のリスクにも備えることが必要とされます。六つ目は「ビル経営」で、コスト面などでリスクも高いですがアパートやマンションに比べて高い賃料を得ることができるという特徴を持っています。七つ目は「ロードサイド店舗経営」です。テナントを誘致し大型のショッピングセンターなどにする方法です。幹線道路沿いや広大な敷地に適した方法と言えます。 それぞれのメリットやデメリットを検証し、最適な活用方法を選ぶことが大切です。

Copyright ©All rights reserved.土地が他の方に売られる前に手に入れる方法.