段差のある土地に一戸建てを建築するメリット

平坦な土地に一戸建てを建築するのが理想的ですが、もともと段差のある形状の土地の場合は、地盤の強度に応じて柔軟に対応すると良いでしょう。段差のある土地を平坦にする場合は、切り土か盛り土を行なうことになります。切り土の場合は、地盤の強度が高いまま維持されます。盛り土の場合は、盛り土をした箇所の地盤が弱いため、地盤改良対策を施工する必要があります。見た目が平坦であっても、一律の強度であるとは限りません。切り土で対応できれば問題ないのですが、盛り土の場合は平坦に見えても地盤強化を行ないましょう。地盤の強度が弱くなる盛り土に施工せずに、段差のままで一戸建てを建築する方法もあります。盛り土しなければならない低いほうを地階に設計する方法です。段差のある土地では、高さのあるほうを一階に設計し、低いほうを地階にすることができます。コンクリート基礎を高くして、地階の部屋として機能させるのが設計のポイントです。地階にドアを施工すれば、地階でありながらも道路に出入りできる構造にすることができます。段差のある土地は、段差のまま利用することで地盤の強度に強弱の差がないようにできます。地階は湿気がたまりやすいので、通気性を確保できるように設計すると良いでしょう。

Copyright ©All rights reserved.土地が他の方に売られる前に手に入れる方法.